PowerShell IIS

PowerShellにてIISを扱えるようにする

PS> Import-Module -Name WebAdministration

コマンドレット一覧

Get-Command -Module WebAdministration | Select-Object -Property Name
カテゴリコマンドレット名
開始Begin-WebCommitDelay
終了End-WebCommitDelay
消去Clear-WebConfigurationClear-WebRequestTracingSettings
変換ConvertTo-WebApplication
無効化Disable-WebGlobalModuleDisable-WebRequestTracing
有効化Enable-WebGlobalModuleEnable-WebRequestTracing
取得Get-WebAppDomainGet-WebApplicationGet-WebAppPoolStateGet-WebBindingGet-WebConfigFile
Get-WebConfigurationGet-WebConfigurationBackupGet-WebConfigurationLocationGet-WebConfigurationLockGet-WebConfigurationProperty
Get-WebFilePathGet-WebGlobalModuleGet-WebHandlerGet-WebItemStateGet-WebManagedModule
Get-WebRequestGet-WebsiteGet-WebsiteStateGet-WebURLGet-WebVirtualDirectory
作成New-WebApplicationNew-WebAppPoolNew-WebBindingNew-WebFtpSiteNew-WebGlobalModule
New-WebHandlerNew-WebManagedModuleNew-WebsiteNew-WebVirtualDirectory
削除Remove-WebApplicationRemove-WebAppPoolRemove-WebBindingRemove-WebConfigurationBackupRemove-WebConfigurationLocation
Remove-WebConfigurationLockRemove-WebConfigurationPropertyRemove-WebGlobalModuleRemove-WebHandlerRemove-WebManagedModule
Remove-WebsiteRemove-WebVirtualDirectory
追加Add-WebConfigurationAdd-WebConfigurationLockAdd-WebConfigurationProperty
リネームRename-WebConfigurationLocation
設定Set-WebBindingSet-WebConfigurationSet-WebConfigurationPropertySet-WebGlobalModuleSet-WebHandler
Set-WebManagedModule
選択Select-WebConfiguration
保存Backup-WebConfiguration
復元Restore-WebConfiguration
起動Start-WebAppPoolStart-WebCommitDelayStart-WebItemStart-Website
停止Stop-WebAppPoolStop-WebCommitDelayStop-WebItemStop-Website
再起動Restart-WebAppPoolRestart-WebItem

取得

Webアプリケーションの一覧を取得する

  • 全てのWebサイトの、全てのWebアプリケーションを取得する
    PS> Get-WebApplication
  • "Default Web Site"Webサイトに関連付けられたWebアプリケーション一覧を取得する
    PS> Get-WebApplication -Site "Default Web Site"
  • "Default Web Site"Webサイトに関連付けられた"Test"Webアプリケーションを取得する
    PS> Get-WebApplication -Site "Default Web Site" -Name Test
  • "Default Web Site"Webサイトに関連付けられた"Test"Webアプリケーションの物理パスを取得する
    PS> (Get-WebApplication -Site "Default Web Site" -Name Test).PhysicalPath

IISアプリケーションプールの実行時の状態を取得する

  • "DefaultAppPool"アプリケーションプールの実行時の状態を取得する
    PS> Get-WebAppPoolState -Name DefaultAppPool

Webサイトの物理パスを取得する

  • "Default Web Site"Webサイトの物理パス情報を取得する
    PS> Get-WebFilePath -PSPath "IIS:\Sites\Default Web Site"
  • "既定のWebサイト"Webサイトの物理フルパスを取得する
    PS> (Get-WebFilePath -PSPath "IIS:\Sites\Default Web Site").FullName

Webサイトの起動状態を確認する

  • "Default Web Site"Webサイトの起動状態を確認する
    PS> Get-WebsiteState -Name "Default Web Site"

作成

アプリケーションプールを作成する

  • "NewAppPool1"という名前のアプリケーションプールを作成する
    PS> New-WebAppPool -Name NewAppPool1

バインド情報を作成する

  • "NewSite1"Webサイトに、バインド情報(プロトコル:https、IPアドレス:1.2.3.4、ポート番号:443)を作成する
    PS> New-WebBinding -Name NewSite1 -Protocol https -IpAddress 1.2.3.4 -Port 443

Webサイトを作成する

  • "NewSite1"という名前のWebサイトを作成する
    PS> New-WebSite -Name NewSite1
  • "NewSite1"という名前のWebサイトを、ID 100、ポート番号 8080、物理パス C:\inetpub\NewSite1 として作成する
    PS> New-WebSite -Name NewSite1 -Id 100 -Port 8080 -PhysicalPath C:\inetpub\NewSite1
  • "NewSite1"という名前のWebサイトを、ホストヘッダー TestSite、IPアドレス 1.2.3.4 として作成する
    PS> New-WebSite -Name NewSite1 -HostHeader TestSite -IpAddress 1.2.3.4
  • "NewSite1"という名前のWebサイトを、アプリケーションプール NewAppPool1、SSLバインド有効、SSLポート番号 4433 として作成する
    PS> New-WebSite -Name NewSite1 -ApplicationPool NewAppPool1 -Ssl -Port 4433     <- この場合、http バインドは作成されない

削除

アプリケーションプールを削除する

  • "NewAppPool1"という名前のアプリケーションプールを削除する
    PS> Remove-WebAppPool -Name NewAppPool1

Webサイトを削除する

  • "NewSite1" Webサイトを削除する
    PS> Remove-WebSite -Name NewSite1

起動

アプリケーションプールを起動する

  • "DefaultAppPool"アプリケーションプールを起動する
    PS> Start-WebAppPool -Name "DefaultAppPool"

Webサイトを起動する

  • "Default Web Site"Webサイトを起動する
    PS> Start-WebSite -Name "Default Web Site"

停止

アプリケーションプールを停止する

  • "DefaultAppPool"アプリケーションプールを停止する
    PS> Stop-WebAppPool -Name "DefaultAppPool"

Webサイトを停止する

  • "Default Web Site"Webサイトを停止する
    PS> Stop-WebSite -Name "Default Web Site"

再起動

アプリケーションプールをリサイクルする

  • "DefaultAppPool"アプリケーションプールをリサイクルする
    PS> Restart-WebAppPool -Name "DefaultAppPool"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-04 (水) 18:04:00 (2450d)