*Windows_自動インストール [#obbcb953]
#contents

**概要 [#me21e9a9]
-WindowsをインストールDVDから自動インストールするための手順

**前提条件 [#bf2509d4]
-Windows AIKがインストール済みのテクニシャンコンピュータが準備されていること
--Windows AIKについては、[[Windows AIK>Windows WindowsAIK]]を参照すること
--以下、応答ファイル名は''AutoUnattend.xml''で作成しているものとする
-以下の記述ではWindows Server 2008 R2 Enterprise Edition with SP1を自動インストールすることを目的とする
--他のOS、エディションの場合は適宜読み替えること

**応答ファイルにコンポーネントを追加する [#u1140f46]
***ロケール設定の自動化 [#w1336d63]
|&ref(Windows_自動インストール_01.jpg,,70%);|応答ファイルに記述しなければ通常は左の画面が表示されるため、&br;以下の設定を応答ファイルに追加する|
|&ref(Windows_自動インストール_07.jpg);|Windowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-International-Core-WinPE_6.1.7600.16385_neutral''を選択した後、&br;''WindowsPEに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_08.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; InputLocale : ''ja-JP''&br; SystemLocale : ''ja-JP''&br; UILanguage : ''ja-JP''&br; UserLocale : ''ja-JP''|
|&ref(Windows_自動インストール_09.jpg);|同様に、''SetupUILanguage''項目のプロパティも設定する&br;&br; UILanguage : ''ja-JP''|

***インストールするOS選択の自動化 [#ac248071]
|&ref(Windows_自動インストール_02.jpg,,70%);|応答ファイルに記述しなければ通常は左の画面が表示される|
||DISM(Deployment Image Servicing and Management)を使って、インストールに利用するWIMファイル内のイメージ種類を確認する&br;&br; dism /Get-WimInfo /WimFile:"D:\source\install.wim"|
|&ref(Windows_自動インストール_11.jpg);|DISMの出力結果から、インストールするOSの''インデックス''、''名前''、''説明''を確認する|
|&ref(Windows_自動インストール_10.jpg);|Windows SIMのWindowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-Setup_6.1.7600.16385_neutral''の&br;''ImageInstall-OSImage-InstallFrom-MetaData''を選択した後、&br;''WindowsPEに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_12.jpg);|DISMで確認した内容を基に''Key''と''Value''をいずれかの方法で設定する&br;&br; Key : ''/IMAGE/INDEX''、Value : DISMで確認した''インデックス''の値&br; Key : ''/IMAGE/NAME''、Value : DISMで確認した''名前''の値&br; Key : ''/IMAGE/DESCRIPTION''、Value : DISMで確認した''説明''の値|

***EULA(End User License Agreement)設定の自動化 [#i6c55ddb]
|&ref(Windows_自動インストール_03.jpg,,70%);|応答ファイルに記述しなければ通常は左の画面が表示されるため、&br;以下の設定を応答ファイルに追加する|
|&ref(Windows_自動インストール_13.jpg);|Windowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-Setup_6.1.7600.16385_neutral''の&br;''UserData''を選択した後、&br;''WindowsPEに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_14.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; AcceptEula : ''true''|

***インストール先パーティション設定の自動化 [#c1b268b3]
|&ref(Windows_自動インストール_05.jpg,,70%);|応答ファイルに記述しなければ通常は左の画面が表示されるため、&br;以下の設定を応答ファイルに追加する|
|&ref(Windows_自動インストール_15.jpg);|Windowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-Setup_6.1.7600.16385_neutral''の&br;''DiskConfiguration-Disk''を選択した後、&br;''WindowsPEに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_16.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; DiskID : ''0''&br; WillWipeDisk : ''true''|
|&ref(Windows_自動インストール_17.jpg);|''Disk-CreatePartitions''で''新しいCreatePartitionの挿入''&br;&br;BitLockerで利用するために作成されるシステムパーティションを作成する|
|&ref(Windows_自動インストール_27.jpg);|プロパティを設定する&br;&br; Extended : false(既定値のまま)&br; Order : ''1''&br; Size : ''100''&br; Type : ''Primary''|
|&ref(Windows_自動インストール_19.jpg);|''Disk-ModifyPartitions''で''新しいModifyPartitionの挿入''|
|&ref(Windows_自動インストール_28.jpg);|プロパティを設定する&br;&br; Active : ''true''&br; Extended : <空白>(既定値のまま)&br; Format : ''NTFS''&br; Label : ''システムで予約済み''&br; Letter : <空白>(既定値のまま)&br; Order : ''1''&br; PartitionID : ''1''&br; TypeID : <空白>(既定値のまま)&br;&br;&color(red){Labelに入力する文字列は任意で良いはずだが、標準でインストールした場合の文字列を指定しておいた&br;TypeIDの既定値は0x7};|
|&ref(Windows_自動インストール_29.jpg);|''Disk-CreatePartitions''で''新しいCreatePartitionの挿入''&br;&br;ブートパーティションを作成する|
|&ref(Windows_自動インストール_30.jpg);|プロパティを設定する&br;&br; Extend : ''true''&br; Order : ''2''&br; Size : <空白>(既定値のまま)&br; Type : ''Primary''&br;&br;&color(red){Extendをtrueにした場合、Sizeを指定してはいけない};|
|&ref(Windows_自動インストール_31.jpg);|''Disk-ModifyPartitions''で''新しいModifyPartitionの挿入''|
|&ref(Windows_自動インストール_32.jpg);|プロパティを設定する&br;&br; Active : ''false''&br; Extend : <空白>(既定値のまま)&br; Format : ''NTFS''&br; Label : <空白>(既定値のまま)&br; Letter : ''C''&br; Order : ''2''&br; PartitionID : ''2''&br; TypeID : <空白>(既定値のまま)&br;&br;&color(red){新規にパーティションを作成する場合に、CreatePartitionでExtend=trueとした時はModifyPartitionではExtendを空白にする&br;Labelの指定は任意&br;TypeIDの既定値は0x7};|
|&ref(Windows_自動インストール_21.jpg);|Windows SIMのWindowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-Setup_6.1.7600.16385_neutral''の&br;''ImageInstall-OSImage-InstallTo''を選択した後、&br;''WindowsPEに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_33.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; DiskID : ''0''&br; PartitionID : ''2''|

***(パーティションのTypeID確認方法) [#o68a1567]
DISKPARTコマンドで確認する
|&ref(Windows_自動インストール_34.jpg);|左のようなディスク構成とする&br;&br;環境は、DVDから標準的なインストール方法でインストールしたもの|
|&ref(Windows_自動インストール_35.jpg);|コマンドプロンプトから''DISKPART''コマンドを実行する&br;&br;&color(red){DISKPARTの実行には管理者権限が必要};|
|&ref(Windows_自動インストール_36.jpg);|''LIST DISK'' を実行してディスク構成を確認する&br;&br;今回はディスク0が該当のディスク|
|&ref(Windows_自動インストール_37.jpg);|''SELECT DISK=<ディスク番号>'' を実行して該当のパーティションが存在するディスクを指定する|
|&ref(Windows_自動インストール_38.jpg);|''LIST PARTITION'' を実行して選択したディスクのパーティション構成を確認する&br;&br;今回はパーティション1が該当のパーティション|
|&ref(Windows_自動インストール_39.jpg);|''SELECT PARTITION=<パーティション番号>'' を実行して該当のパーティションを指定する|
|&ref(Windows_自動インストール_40.jpg);|''DETAIL PARTITION'' を実行してパーティション情報を確認する&br;&br;&color(red){種類 : 07 と表示されているところが、WSIMで指定するところのTypeIDを指す};&br;&br; 種類 07 -> TypeID 0x7&br; 種類 27 -> TypeID 0x27|

***管理者パスワード設定の自動化 [#k737897d]
|&ref(Windows_自動インストール_06.jpg,,70%);|応答ファイルに記述しなければ通常は左の画面が表示されるため、&br;以下の設定を応答ファイルに追加する|
|&ref(Windows_自動インストール_23.jpg);|Windowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.1.7601.17514_neutral''の&br;''UserAccounts-AdministratorPassword''を選択した後、&br;''oobeSystemに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_24.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; Value : ''P@ssw0rd''|

***リモートデスクトップ接続許可 [#t7961507]
||応答ファイルに記述しなければ通常はリモートデスクトップ接続は許可されないため、&br;以下の設定を応答ファイルに追加する|
|&ref(Windows_自動インストール_25.jpg);|Windowsイメージペインから''amd64_Microsoft-Windows-TerminalServices-LocalSessionManager_6.1.7601.17514_neutral''を選択した後、&br;''specializeに設定を追加''を選択|
|&ref(Windows_自動インストール_26.jpg);|応答ファイルペインからプロパティを設定する&br;&br; fDenyTSConnections : ''false''|

**作成した応答ファイル [#xcd98f19]
 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
 <unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
     <settings pass="windowsPE">
         <component name="Microsoft-Windows-International-Core-WinPE" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
             <SetupUILanguage>
                 <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
             </SetupUILanguage>
             <InputLocale>ja-JP</InputLocale>
             <SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
             <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
             <UserLocale>ja-JP</UserLocale>
         </component>
         <component name="Microsoft-Windows-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
             <ImageInstall>
                 <OSImage>
                     <InstallFrom>
                         <MetaData wcm:action="add">
                             <Key>/IMAGE/INDEX</Key>
                             <Value>3</Value>
                         </MetaData>
                     </InstallFrom>
                     <InstallTo>
                         <DiskID>0</DiskID>
                         <PartitionID>2</PartitionID>
                     </InstallTo>
                 </OSImage>
             </ImageInstall>
             <UserData>
                 <AcceptEula>true</AcceptEula>
             </UserData>
             <DiskConfiguration>
                 <Disk wcm:action="add">
                     <CreatePartitions>
                         <CreatePartition wcm:action="add">
                             <Order>1</Order>
                             <Size>100</Size>
                             <Type>Primary</Type>
                         </CreatePartition>
                         <CreatePartition wcm:action="add">
                             <Extend>true</Extend>
                             <Order>2</Order>
                             <Type>Primary</Type>
                         </CreatePartition>
                     </CreatePartitions>
                     <ModifyPartitions>
                         <ModifyPartition wcm:action="add">
                             <Format>NTFS</Format>
                             <Active>true</Active>
                             <Label>システムで予約済み</Label>
                             <Order>1</Order>
                             <PartitionID>1</PartitionID>
                         </ModifyPartition>
                         <ModifyPartition wcm:action="add">
                             <Active>false</Active>
                             <Format>NTFS</Format>
                             <Letter>C</Letter>
                             <Order>2</Order>
                             <PartitionID>2</PartitionID>
                         </ModifyPartition>
                     </ModifyPartitions>
                     <DiskID>0</DiskID>
                     <WillWipeDisk>true</WillWipeDisk>
                 </Disk>
             </DiskConfiguration>
         </component>
     </settings>
     <settings pass="oobeSystem">
         <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
             <UserAccounts>
                 <AdministratorPassword>
                     <Value>UABAAHMAcwB3ADAAcgBkAEEAZABtAGkAbgBpAHMAdAByAGEAdABvAHIAUABhAHMAcqB3AG8AcgBkAA==</Value>
                     <PlainText>false</PlainText>
                 </AdministratorPassword>
             </UserAccounts>
         </component>
     </settings>
     <settings pass="specialize">
         <component name="Microsoft-Windows-TerminalServices-LocalSessionManager" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
             <fDenyTSConnections>false</fDenyTSConnections>
         </component>
     </settings>
     <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/users/administrator/desktop/install.wim#Windows Server 2008 R2 SERVERENTERPRISE" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
 </unattend>

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS